抗がん剤

がん医療における栄養

食物を摂取してそれを使用し、健康の維持や体の成長、
さらに組織の入れ替えを行う過程を栄養と言います。

良好な栄養は、健康を維持するために重要であり、もちろんがん患者さんにとっても重要です。
がんの治療前や治療中、治療後にも適切な種類の栄養を摂取することができれば、
より快適に、そして活動的に患者さんが生活できるようになります。

健康な食事とは、ビタミン・ミネラル・タンパク質・炭水化物・脂肪・水といった、
体が必要としている重要な栄養素を含んでいる食べ物や飲み物を十分に摂取できる食事のことを言います。

健康を維持するために必要な栄養素を摂取しない、もしくは吸収できないとなると、
栄養失調または栄養不良といった状態になってしまいます。

がんの患者さんが体力や体重を維持して、組織の健康を保ち、
感染に対して抵抗力を持つために、必要な栄養素の摂取を補助する目的で栄養療法は実施されます。

がん患者さんに適切な食事習慣は、健康的な通常のガイドラインとかなり違う場合があります。
健康的な食事習慣を確保して適切な栄養を摂取すると、患者さんはがんの治療や影響に対処しやすくなります。
患者さんの栄養状態が良好で、食事によってカロリーとタンパク質を十分に摂取できている場合に、
がんの治療の中には高い効果を得られるものもあります。

また、栄養状態が十分な患者さんについては、回復の見込みである予後と生活の質の向上が見込まれます。
体内において、特定の栄養素の利用方法に対して変化を及ぼす化学物質を作り出す腫瘍も存在します。
タンパク質、炭水化物、脂肪が影響を受ける栄養素であり、胃や腸に発生した腫瘍で特に大きな影響が生じます。

患者さんは十分な量を食べているのに、食べ物に含まれている栄養素の一部のみしか吸収できてない場合もあるのです。
がんやがんの治療の影響のために、多くの患者さんは十分な食べ物の量を摂取することができません。
食欲不振はがん患者さんにはよく見られる症状です。

摂食に影響を及ぼして、体重減少の原因となってしまうがんの症状や副作用をより早く治療することが重要となるのです。