抗がん剤

支持療法と緩和ケアの証拠レベル

支持療法とは、病気の症状や治療の副作用、
社会的問題や病気とその治療に関連した心理的問題、霊性に関した問題などを予防、
もしくはできる限り早急に治療または解決することを目的としたケアのことを言います。

緩和ケアとは、病気の症状の緩和と生活の質を向上さすることを目的としたケアのことを指します。
病気の症状や治療によって引き起こされる副作用、
病気またはその治療に関する社会的・心理的・精神的な問題を、できるだけ早く予防もしくは治療することです。

支持療法と緩和ケアを患者さんやその家族に対して行うことによって、
環境的・肉体的・社会的・精神的にもがんなどの病気により立ち向かいやすくなります。
支持療法と緩和ケアを行うためには、そのための医療チームやメンバーが必要になってきます。

そのメンバーとは、メディカルオンコロジストの腫瘍内科医やサイコオンコロジストの精神腫瘍医、
がん緩和ケアの薬剤師などによるものであり、
主治医が行う放射線治療や化学治療などがんへの治療と並行して、心身両面のケアの支援を行うのです。

専門の心理士、栄養士、ソーシャルワーカーなどのリハビリテーション関連の職種もチームに入ったり、
連携したりして、心身両面の苦痛や苦悩が少しでも軽減できるように支援します。

がんを治療していくには、病気を治すだけでなく、社会的環境や経済状況、精神的な問題なども重要になってきます。
リハビリテーション段階になってくると適切な施設を決めなくてはいけないし、
特殊な機器を調達したり、また必要なケアには当然費用がかかったりとさまざまな問題も生じてきます。

このようなときに支持療法と緩和ケアが必要になってきます。
専門的なチームの支援だけでなく、療養施設やリハビリテーション施設の紹介も行われます。
このような補助や支援などの支持療法と緩和ケアを受けることにより、がん患者さんとその家族のさまざまな負担を軽減することができます。

支持療法と緩和ケアを上手く受けながら、バランスをとって病気の治療などに立ち向かっていかなくてはいけません。